玄米菜食を実行して、癌が治っている人は、戦前生まれの厳しく躾けをされた人が多いのです。
➡ 脳幹が、鍛えられている
玄米菜食を実行して、癌で死んでいく人は、戦後生まれの厳しく躾けをされていない人が多いのです。
➡ 脳幹が、ひ弱である

人間は、“動物”です。
植物の場合は、じっと動かず生きていますが、動物は常に“動く事によって生きている”のです。
動物は、体を動かす事で“脳幹機能が正常に働く”ように作られていますが、
体を動かさなくなると、脳幹機能が正常に働かなくなり、病気になるか死んでいくのです。
玄米菜食を実行しながら、癌で死ぬ人が多いのは、“脳幹機能が弱っている”からです。
脳幹機能が弱っている場合には、例え、“理想的な食生活”を実行していても、効果が現れませんし、
効果の認められている健康食品なども、その効果が現れてこないのです。
脳幹トレーニングは、脳幹を“強く鍛える為のトレーニング”です。   →※ 脳幹の体操ではありません。
体を動かさない人が、毎日、体操をする事で調子が良くなったりはしますが、体操で癌が治ったりはしません。
脳幹トレーニングを行う事で、
末期癌が直ったり、アレルギーが直ったりする体験者が現れているのは、
脳幹が“強く鍛えられた結果”として、自然治癒力が回復した証拠なのです。

Copyright (C) 2006-2014 Nisho-Med All Rights Reserved.
ホームページ